太陽光発電の発電量と設置環境

日射強度

屋根

 

太陽光発電というのは太陽光を電気エネルギーに変換するものです。

ですから太陽光の強さが発電する量に大きく影響されてしまいます。

つまり日射強度が強ければ、それだけ発電量が増すという関係です。

ですから、太陽光発電パネルは一番太陽が強く当たるところに設置すべきものです。

屋根や周りの環境を鑑みて、設置する場所を検討する必要があります。

 

日照時間

太陽光発電は太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換するものですから、日照時間が長いほうが発電量も多くなります。

季節・天候に大きく左右されるものです。

太陽光発電システムを設置する際には、こうした各地域の発電状況を経験として持っている設置業者に相談する必要があります。

パネルの温度

日射が強く長いほうが発電量が多ければ発電量が大きく、真夏の一番暑い時期が一番適していると考えがちですが、一概にそうとは言えません。

太陽電池はモジュールの温度が高くなりすぎると発電量が減少するという特徴があります。

そのため、年間を通じてみてみると、日照時間が長い8月に発電量が多くなるのは確かですが、比較的涼しい5月の発電量のほうが多くなることが良くあります。

ですから、単純に沖縄などの暖かいところが一番適しているというわけではありません。

太陽光発電システムを設置するに当たっては、こうした知識や経験、売電価格の詳しい説明は十分に備えた専門家に相談する必要があります。