太陽光発電のデメリット

IMG_0793

太陽光発電はまたの呼び名をソーラー発電ともいい屋外に取り付けたソーラーパネルの力を借りて太陽光エネルギーを電力へと変換するものです。

日々の電気代を節約できるうえ活用せずに余った電力は売ることも可能です。

リスクを伴わないという完璧な安全性が保証されてあり温室効果ガスを全く排出しないため地球環境に貢献できる発電方式として世間一般に伝わっているシステムです。

家庭でソーラー発電を設置しようとした場合今一度長所と短所について確認してみようと思うのです。

節電・売電・安全性・地球環境の他にはどのような良い点があるでしょうか

規模の大小に左右されない一定した発電効率。

無騒音無振動および無廃棄物。

屋根および壁への取り付け可能による場所確保の不要。

屋根設置による夏場の断熱効果。

世界的にも大きな技術の革新を必要としさらなる技術の進歩が望まれる段階です。

そのため様々な問題点があります。

蓄電不可能。

天候から受ける発電量のばらつき。

汚染による発電効果の減少。

太陽光がない夜間の無発電状態。

自然エネルギーであるが故の不安定な供給。

そしてなにより一番のデミリットは設置する際の高額な経費にあります。

太陽光発電を取り入れる際金銭の関係は最も決断を左右するものです。

これは長所にも短所にも関わりが深い問題点です。

節電売電による利益が見込めるメリットか、設置に掛かる高額な経費というデミリットかということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>