自然エネルギー

「自然エネルギー」という言葉も耳馴染みになってきた昨今。

新たに「育エネ」という言葉を聞くようになりました。

これは資源エネルギー庁が生み出したキーワードです。

太陽光発電といった再生可能エネルギーの発展を推進することを指針にした言葉で文字通り再生可能エネルギーをみんなで育てようというものです。

エネルギーを総合的に運用する技術の思考のうえで欠くことが出来ない3つの視点があります。

電力使用軽減のための「省エネ」

新たな電力の創造のための「創エネ」

創りだした電気の貯蓄のための「蓄エネ」

これらの3点を総括したものが「育エネ」というわけです。

nfrewuibyuw

どのように育てるかということになりますがそれが今話題の「固定価格買取制度」です。

2011年8月に制定された法案に「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」があります。

再生可能エネルギーを使用して創り出した電力を電力会社が一定期間固定価格で買い取ることを義務付けた法案になっています。

この法案は再生可能エネルギーによる発電の促進を狙ったものです。

しかしながら電力会社の買電一点張りでは費用負担が大き過ぎるため賦課金として国民に一部の負担を願っています。

その金額は使用した電力使用量によって変動しますがひと月当たり50円~200円とされどんなに電力使用量が多くなったとしても200円を超過することはまずないということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>