太陽電池の発電

太陽光発電において太陽電池を知らずして太陽光発電を語ることはできないとまでいわなくとも太陽光発電において太陽電池はどのようにして発電するのでしょうか。

dswuigfr5tbwa

太陽電池が光に照らされるとn型とp型の接し合った部分にマイナス電子とプラス正孔が発生します。

n型の方へはマイナス電子が集まりp型の方にはプラス正孔が集まります。

さらに光に照らされ続けることでn型のマイナス電子とp型のプラス正孔はそれぞれに増加します。

それによってn型とp型に電圧が発生することになります。

n型のマイナス電子とp型のプラス正孔が増加し続けているこの時にp型とn型を導線で結びつけると放出されたマイナス電子がp型へと移動し電気をとりだすことが可能になるのです。

なお、マイナス電子とのプラス正孔は対消滅します。

このように、半導体でできている太陽電池はp型とn型の2種類の半導体を接合して半導体に光が入ることで起電力が発生して発電します。

太陽光エネルギーを直接電気エネルギーに変換する発電システムは小さな太陽電池の弱い電力でも充分活用できる電卓や大量の太陽電池を連鎖して1メガワットを超える電力を発生させるメガソーラー発電所があります。

現在では世界的に家庭や企業での太陽光発電が奨励されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>