パネルの分類

現在太陽光パネルの種類は大きくは3つに分類されます。

シリコン系と化合物系と有機物系です。

なかでもシリコン系が最も普及されています。

shurui

単結晶シリコン方式では200~300μmのシリコン単結晶板使っています。

ちなみに、μmマイクロメートルは1mmの1000分の1です。

1967年にミクロンに代わるものとして定められた単位です。

小さな面積でも多くの発電をおこなうといったシリコン系では最高の発電効率を確保しています。

住宅の屋根に設置するのに大変適しています。

広さがなくても単結晶シリコン方式ならシステムが高効率で構築できるため最も普及しています。

しかしながら、大きなシリコン単板を制作するには大量を要するためコストが高くつくデミリットがあります。

単結晶シリコンでのコスト面を補うのが多結晶シリコン方式です。

単結晶パネルに使えない端材の単結晶シリコンを接ぎ合わせて構成したものです。

接いだ部分が電子の移動を阻害するため発電効率が劣るというデミリットが生まれましたが製造コストの大幅節減に大いに貢献するものです。

ただ、どちらの方式にしましてもシリコンは高温が苦手であるという問題があります。

温度が高くなると発電効率が低下してしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>